トランプ氏、なんと不倫!?

22日の東京時間に入っても昨夜のNY時間に起きた円高の影響は色濃く残り、一時は110.0円まで落ち込みました。しかしアメリカとメキシコのNAFTA再交渉妥結報道により、買い戻しが入りました。

ただ合意はまだという報道があったものの、株価が好調だったことも関係しドル円は110円半ばまで伸びていきました。 一方ユーロドルはと言うと、1.15ドル後半を行ったり来たりの展開です。特に動きらしい動きはなく、動くとすれば欧州時間になってからのことでしょう。

本日の日経平均の終値は、2万2,362.55円で、前日比+142.82円と大きく駆け上がりました。前日のNYダウが好調だったことにより、投資家心理が改善されたことが材料となりました。 NY時間終了間際に大きな円高が起きてしまい、110.2円まで下落。

その後の欧州株は、そこそこ好調でした。イギリスFTSE100は前日比+8.54前後、ドイツDAXは前日比+1.12辺りを推移しています。 ドル円は110.4円にまで上昇したものの、110.2円にまで値を下げてしまいました。

材料となったのは、なんと不倫!?トランプ大統領と不倫関係にあったと主張した女性2人に対して、弁護士は女性に対して口止め料を支払ったそうです。

不倫かよ!!不倫だけならばまだしも(良くありませんが)、更にはロシア疑惑に関する報道も浮上。色んな意味で話題に事欠かない大統領です。

一方ユーロドルはと言うと、1.153ドルから1.16ドル台へ上昇しました。ただ1.16ドル台に乗り上げた後は、神経質な動きとなっています。昨日トランプ大統領はEU製自動車への関税について、警告したことがユーロドルを押さえつけている材料になっているようです。